【RCCスクール】山根木材 presents つなげよう!広島の森PJ 親子で森づくり体験イベントを開催 

RCCアナウンサー 唐澤恋花です!
10月2日 RCCスクール 山根木材 presents『つなげよう!広島の森プロジェクト 親子で森づくり体験イベント』が、広島市安佐北区白木で開催されました!

私もプロジェクトに参加してきました~😊

(右端に写っているのが私です)

イベントには、小学生と親子約20組が参加。
暮らしを豊かにする「森」について、親子で専門家の話を聞きました。そして「森」に入り「森を守るための活動」を実際に体験✨

はじめに、RCCウェザーセンターの岩永気象予報士による「森と気象」をテーマにした授業が行われました。森が地球温暖化に有効だったり、自然のダムとして土砂災害を防いだりする役割など、少し難しい内容でしたが、子どもたちは積極的にクイズに答えていましたよ😊

その後、小学生たちはお待ちかねの森に入って、森づくりを体験。
森は手入れをしないと木や根は細く長く成長し,大雨のたびに折れたり、根こそぎ流れたりする危険性が増すとのこと。低木や枯れた木を切ることで、残すべき木に通風と採光を確保し、樹木を成長させる環境づくりが必要だとレクチャーを受けました。

親子で協力しながら木を伐採。
大人も子どももなかなかない木を切る作業に夢中でした。

もちろん私も、、、✨

特別ゲストの森﨑浩司さん(サンフレッチェ広島アンバサダー)は太い木にのこぎりを入れて・・・

最後は、小学生たちが力を合わせてロープで引っ張り、木を倒しました!

そして倒した木を材料に、橋を作りました✨完成した橋の名前は・・・

森﨑浩司さんにちなんで、「モリハシ」と名付けらました。

最後は、年末にDEJIMASTOCK(デジマストック)とRCC本社前に設置されるクリスマスツリーに飾るオーナメント作りをしました。

思い思いの願いごとをオーナメントに書き記します。

森﨑さんは、サンフレッチェの「三冠」祈願です⚽

ちなみに、わたしは「歌が上手くなりますように」と書きました。
(詳しくは、RCCテレビ「DTMクラブ」をご覧ください)

参加した子どもたちからは、
「森が自分たちの暮らしに密接に関わり、大事な役割を果たしていることを知ることができた」
「木を切ることが、森の環境を守ることに繋がることをはじめて知った」
保護者からは、
「子どもがノコギリを使った経験がなく、こういった機会に森と触れ合えてよかった」
といった声が聞かれ、晴天にも恵まれ親子で楽しい一日でした😊

この模様は、10月14日の「イマナマ!」内で放送されます。

コメント (0)

IRAWアプリからコメントを書くことができます!!