RCCスクール 「感性授業~レモンの香りで物語を作ろう!~」特別授業報告

唐澤恋花です。
9月12日、RCCスクールの特別授業「感性授業~レモンの香りで物語を作ろう!~」に
参加しました。…どういうこと??どんな授業かワクワクしながら訪れたのは、日本一の「レモン」産地、
尾道市瀬戸田町にある瀬戸田小学校。
今回は、4年生約50名を対象に授業が行われました。

瀬戸田の子どもたちにとってすごく身近な存在の「レモン」。
なんとその「レモン」の香りから物語をつくるという特別授業です。

今回、講師を務めて頂いたのは、SENTMATIC株式会社の美羽リッパリーニさん。
物語ができるまでの流れは・・・

配られたレモンを、まずは目を閉じて香りを感じる。

 ⇩

その香りから感じるものを「言葉」を想像して、紙に書いていく。

 ⇩

具体的に感じた内容を書き出す。(どんな天気・色・音・生き物)

 ⇩

その言葉から、自由な発想で物語を想像してノートに書いてみる

 ⇩

発表しあう

という流れでした。

子どもたちは、それぞれの感性で全く違う物語を作っていて、その発想に驚かされっぱなしでした。
ヒーロー物語を作る子も入ればレモンのキャラクターを思い浮かべた子も、、、
授業の中で私が特に印象的だったのは美和先生のどんなストーリーでも考え方でも良いんだよ。
人それぞれ違うのは当たり前という教え。子どもたちは最初なかなか自分の物語を発表するのに緊張していましたが、お互いに認め合って尊重する空気ができていきました。
私自身も物語を作りましたが、見えないものから想像して色を付けたり情景を思い浮かべる過程はとても新鮮で、子どもたちにも良い時間だったのではないかと思います。

あっという間の2時限の授業。終了後、生徒に感想を聞いてみると
「レモンの香りで物語がこんなに想像が広がるものが作れるって、とても楽しい時間でした。」
「食べたことはあったけど、におった事はなかったら、気持ちよくなった」
と、身近なレモンの香りからの物語づくりを楽しみながら学んでくれたようでした。

コメント (0)

IRAWアプリからコメントを書くことができます!!