高校総体を高校生が撮影してみた! by RCCスクール

GAパートナーズ presents HIGH SCHOOL LIVE! では、

高校生が高校総体を撮影する 企画を実施しました。

6/4(土)柔道

「カメラがとても楽しい!!」と言ってくれました😆
あっという間にコツを掴んだようです!


ちょっと見えづらいですが、カメラのスイッチングも体験。
スイッチングとは、複数のカメラを切り替える役割です。

6/5(日)ハンドボール

スポーツ中継では、視聴者が何が見たいのかを考えてスイッチングします

このカメラは「ENGカメラ」と言って、
主に報道やスポーツの収録ものなどで使われています!

6/5(日)バスケットボール

バスケットボールは、コートを左右にカメラを振るのがとても早くて忙しい。

6/11(土)バレーボール

スパイクを決めた人が誰なのか、
探してその人にズームインします。
誰が決めたのか、探すのが難しい・・・

6/12(日)サッカー

前日大雨だったのですが、この日は快晴!
みんなカメラが似合っています!

他局のカメラマンと肩を並べて撮影!



この企画を通じてスポーツ中継の見方が変わってくれると嬉しいですね!


撮影に参加した生徒さんより

「テレビが大好きで、将来携わりたいと思っていたが、カメラを触っている経験がなかったので、すっごくいい経験になりました。
また、自分で撮影したカメラを通しての映像が、視聴者にお届けできるという実感が掴めて、やりがいを感じました。中学校の頃にバスケをやっていたので、次は、バスケを撮影してみたいです!」


「コロナということもあって、なかなか新聞部自体も県総体や高校生の取材をスルことができなかったけど、この企画を通して、自分と同じ高校生がスポーツで頑張っている姿を見ることができ、自分にも刺激にもなったし、このような経験もなかなかできることではないので、やれてよかったと思っています」



「いつもとちがって、リアルタイムで配信されるのですごく緊張したけど、この体験はなかなかできることではないので、これを生かして今後頑張っていきたいと思います!」


「体験するだけでなく、実際にプロの技術を近くで見ることができたのが個人的に嬉しかったです。現場の裏話も新鮮で面白かったです。実際にカメラ、スイッチング体験することで、普段何気なく見ていたスポーツ実況中継の奥深さを感じました。」


こちらから動画が見れます!ぜひご覧ください

コメント (0)

IRAWアプリからコメントを書くことができます!!