WEEKLY SELECTION 広島の1週間

□ 9月19日(月) 台風14号 広島に接近

「過去に例がないほど危険」とされた台風14号が広島に接近しました。

JR広島駅 午前9時ごろ

広島・中区八丁堀 午前10時ごろ

安芸太田町 正午ごろ

広島・西区大芝水門 午後1時

□ 9月21日(水) 彼岸の入り… 急に秋めく

三次市中心部を流れる西城川です。川沿いには彼岸花が咲き誇り今、見ごろを迎えています。「暑さ 寒さも彼岸まで…」といいますが、20日の彼岸の入りに合わせるように急に秋めいてきた広島県内…。このまま一気に秋本番へと移っていくのでしょうか。

気象庁が発表した長期予報では、10月は平年より気温が高い予想です。一方で、12月の気温は平年並みか平年より低くなると予想されています。つまり本格的な秋の訪れは遅く、冬は駆け足でやってくるかもしれません。

RCCウェザーセンター 岸 真弓 気象予報士
「この冬は3年連続でラニーニャ現象が続く予想です。去年・おととしと県内では12月に入って一気に冬本番の寒さとなりました。ことしも12月になると、急に寒さが厳しくなるかもしれません」

□ 9月20日(火) 世羅町でダリアが見頃に

世羅高原農場(広島・世羅町)では、赤やピンク、黄色などおよそ550品種・7500株のダリアが咲きそろっています。

ダリアは、同じ株から次々と花が咲くことから長く楽しめる花として知られています。花の大きさや咲き方が違うなど品種が多いのも特徴です。現在、8分咲きで、今週中には見ごろとなりそうだということです。

また、日本のキクがヨーロッパで品種改良されて戻ってきた「ガーデンマム」も今週中には見ごろとなりそうです。

□ 9月20日(火) 商業地 2年ぶり地価上昇

県の地価調査によりますと、商業地は外出制限がなくなるなど、アフターコロナへの先行き期待感から2年ぶりの上昇となりました。

住宅地で上昇率が最大だったのは、広島市佐伯区五月が丘3丁目で7パーセント。要因として大型商業施設「ジ アウトレット広島」の出店による利便性の向上、五月丘団地のメインストリート沿いに整備されるアストラムライン延伸計画への期待感などを挙げています。

また、商業地で上昇率が最大だったのは、広島市南区京橋町で7.9パーセント。広島駅ビルの建て替えや広電の駅前大橋ルート整備でオフィスやホテルの需要が高まっていることなどが要因としています。

□  9月17日(土) 「エキキタパーク」オープン

サンフレッチェ広島 森﨑浩司アンバサダー
「ekieエキキタパークの開業を宣言します」

JR広島駅北口に「ekieエキキタパーク」がオープンしました。旧JR西日本広島支社の跡地に完成した広場には、季節ごとにマルシェやキッチンカーなどが出店するほか、フットサルを楽しめる「エキキタサンフレッチェフットサルコート」も用意されました。

□ 9月21日(水) 全国の人気パン店 大集合

熱気あふれるかけ声とともに香ばしい香りに包まれた会場。「そごうパンフェスタ」は、開店と同時に来店客で大いににぎわっていました。

こちらは、1日80点限定の『マリトッツォ』。ふんわりとしたパンにクラシック・マロン・ピスタチオの味がたっぷりと詰まっています。

奈良からやって来たのは、『黄金半熟玉子サンド』。特製の玉子サラダに半熟玉子を丸々2個使用し、濃厚な味わいが人気です。

1日限定40点のフルーツサンドは…。

訪れた人
「八百甚(愛知)のフルーツサンドを目当てに来ました。最初、インスタで知って、それから食べたいなと思っていて」

コメント (0)

IRAWアプリからコメントを書くことができます!!