ことし4人が逮捕 職員の不祥事続き 広島・尾道市長が陳謝

広島・尾道市の職員が警察に逮捕されるケースが続いていることを受け、平谷 祐宏 市長が記者会見を開き、陳謝しました。

尾道市 平谷 祐宏 市長(21日)
「たいへん情けなく、市民のみなさまに申し訳なく思っております。連続して起こっている件、誠に申し訳ございませんでした」

尾道市では、ことしに入って職員4人が警察に逮捕されています。

正規職員では、▽2月に40代の主事の男が建造物侵入の疑いで、▽先月は、40代の主任の男が強制わいせつ未遂の疑いで逮捕されています。

非常勤職員では、▽先月、市立学校で教務事務支援員だった40代の主事の女が業務上横領の疑いで、そして、▽おととい、市立保育所で保育補助を担当する40代の主事の女が窃盗の疑いで逮捕されました。

年間で4人の逮捕者が出たのは、この10年で最多だということです。

尾道市は、研修の頻度や対象者を拡大するなど、再発防止を徹底するとしています。

コメント (0)

IRAWアプリからコメントを書くことができます!!