【続報】死亡の2人は中学生の姉妹 運転士「線路内で抱き合っているように見えた」 JR山陽線にはねられ 広島

21日夜、広島県東広島市のJR山陽線の線路内で、少女2人がはねられ、死亡しました。2人は県内の公立学校に通う中学生で15歳と13歳の姉妹であることが分かりました。

記者
「事故が発生してから2時間程度が経ちますが、いまもまだ警察や消防によって調べが続けられています」

事故があったのは、東広島市にあるJR山陽線の西高屋駅から西におよそ1.3kmの線路内です。

JRによりますと、きのう午後7時半ごろ、列車の運転士から、「線路内に人を認め、非常ブレーキをかけたが間に合わなかった」とJRに報告がありました。

警察は列車にはねられたのは10代ぐらいの少女2人で、その場で死亡が確認されたと発表していましたが、その後の県教委への取材で、いずれも、県内の公立学校に通う女子中学生2人であることがわかりました。警察によりますと、姉妹だということです。

列車の運転士は、「2人が抱き合っていたように見えた」と話しているということです。また、2人は踏切からおよそ30m離れた線路内にいたということで、警察がいきさつを調べています。

この影響で現場周辺はおよそ2時間半にわたり運転を見合わせました。

【22日午後5時追記】2人が姉妹であることが警察への取材で分かりました。

コメント (0)

IRAWアプリからコメントを書くことができます!!