「国際平和デー」 恒久平和へ思い新たに 広島の被爆者ら原爆慰霊碑に献花

9月21日は、「国際平和デー」です。広島市の平和公園では、被爆者らが原爆慰霊碑に献花しました。

広島市の平和公園では、被爆団体や核兵器廃絶に取り組む高校生らが、原爆慰霊碑に献花し、黙とうをしました。

国連は、毎年9月21日を「国際平和デー」と定め、世界の停戦と非暴力の日とし、きょう1日は敵対行為を止めるように呼びかけています。

広島県被団協 箕牧 智之 理事長
「ロシアがウクライナに侵攻して7か月になるが、まだまだ止めるような気配はない。世界は国際平和デーにふさわしくない昨今が続いている。早く解決してほしい」

広島女学院高校 2年 佐竹田 珠弓 さん
「何の罪のない人が亡くならないためにも少しずつ署名活動とか、核兵器廃絶につながることをもっとやっていきたい」

参加した人たちは、核兵器廃絶と恒久平和の実現に向け、思いを新たにしていました。

コメント (0)

IRAWアプリからコメントを書くことができます!!