中根アナと一緒にエクササイズ🎵 椅子とタオルを使って腰痛対策&くびれづくり

🗾の中の広島が分かるイマナマ!ランキング

今回のランキングはこちら
👇 👇 👇

ちょっと難しいです。
男女別のランキングは初めてですね。
1位は男性が大分、女性は三重。
2位は男女とも山梨。
そして、気になる広島は、男性が22位、女性は43位と、かなり下位。。。
いったい何のランキングなのでしょうか❔❔

まず第一のヒントです💡
毎年上位にランキングしているのが男女ともに2位の山梨なんですが、
山梨県の傾向として、年代を問わず食事会や飲み会をよく行う文化があるそうです。

このヒントを受けて、中根さんひらめいたようです✋
「食事会や飲み会をよくするということで、睡眠時間が短くなっている❔
睡眠時間が短い県ランキング❔❔」

では、第2のヒントを💡
実はコレ、年齢にかかわるランキング。
男女の差はありますが、ともにここ10年で約2年延びています。

正解はコチラ❕

👇 👇 👇

健康寿命ランキング😃

健康寿命とは「日常生活に制限のない期間の平均」、
つまり健康的に生活ができる年数
のこと。
なので、山梨の方は元気なのでおいしく食べたり飲んだりできるということなんですね。

ちなみに・・・こちらのデータもご覧ください。
広島県の女性の順位の推移です。

低いですね。。。2016年は最下位😟😟😥

広島県の女性のみなさん、健康寿命伸ばしたいですよね❕❕

そこで、おうちで簡単にできる健康エクササイズをご紹介。

イマナマ❕ランキング2回目の登場、
広島市のトレーニングジム「くびれ美人」のトレーナー
松浦 加奈さんに教えていただきました✨


今回のエクササイズでは、椅子とタオルをつかって、
腰痛に効果が期待されるエクササイズを2つ教えていただきます。
もはや国民病と言われるほど、腰痛に悩んでいる方多いですよね。

最初のエクササイズは、体側伸ばしエクササイズ
体の横、体側を伸ばしていきます。

①椅子に浅めに座って、タオルを両手で肩幅ぐらいに持ちます。
足も軽く開いておきます。

②そのままバンザイ。両手をあげて🙌、横に倒していきます。
鼻から大きく息を吸って、わき腹にしっかり空気を入れて、
口から吐いて戻していきます。これを左右交互に繰り返します。

ポイントは、
腰の部分をしっかり止めて、わき腹だけをしっかり伸ばしていきます。
その時に鼻から息を吸って、伸ばしているわき腹に空気を入れていくこと。

これを10回~15回を目安に行っていきましょう。
痛くない範囲で伸ばしていきましょう。

わき腹を伸ばすことによって、普段腰にかかっていた負担が軽減されて、
腰痛改善につながります。
また、タオルを使ってバンザイすることによって、
肩の可動域も広くなるので肩こりの予防にも。

中根さんも「伸びてる感じがあって、徐々にポカポカしてきます」と。

続いては、ブルガリアンスクワットを紹介。
いかにも、効きそうな名前ですね💪
これはタオルを使わず、立って行うエクササイズで、ちょっと難易度が上がります。

①椅子の前に立って、大きめに1歩前に出て、片足の先を椅子にちょこんと上げます。

②手を耳の後ろに当てて、お尻を後ろに引くようにグッと下げて、膝を曲げます。

③膝を曲げたままで、出している足の方に体を大きくひねります。そして正面に戻して立ち上がります。

これを10回繰り返します。
お尻をグッと引いて、軸足のヒップに負荷をかけます。
この時に、胸が伸びるように意識していきましょう。

このエクササイズも、胸を開くことで、胸郭部分の可動域が広くなり
肩こり・腰痛の改善に。

この2つのエクササイズを、それぞれ1日10~15回やるだけで、
腰痛の予防・改善、さらにくびれづくりにも効果が期待できるとのこと。

体験してみた中根さんも
「体全体のバランスが大事になってくるな。体幹も鍛えられそう」と実感。


松浦さんがトレーナーをされている「くびれ美人」では、
今回やったような体づくりの基本的な運動から
身体のラインを整えるエクササイズまで
1対1でトレーニング指導を受けることができます。

体験レッスンを申し込みの際に「イマナマ!を見た」と伝えると、
1,980円で受けることができますよ。

気になった方は、ぜひお問い合わせを。


2022年9月15日放送「イマナマ!」


コメント (0)

IRAWアプリからコメントを書くことができます!!