【RCCスクール 参加校募集】日本を代表するマエストロ 西本智実さんによる特別授業

「 広島一受けたい特別授業 西本智実のMusic Edutainment supported byサタケ」

今年の第九ひろしまを指揮する、日本を代表するマエストロ・西本智実さんが県内の中学、高校の管弦楽部・吹奏楽部に出向き、特別授業を実施。
平和を象徴するロシアの楽曲「鶴たち」を生徒と共に演奏し、平和の思いを音楽を通じて世界に届けます!

【参加条件】
・県内の中学校・高校の管弦楽部(または吹奏楽部)と合唱部
・参加校には、第九ひろしまで演奏予定のロシアの楽曲「鶴たち」を合唱と合わせて事前練習して頂きます。
・特別授業は、12月8日(午後)を想定。当日は、西本智実さんによる特別授業(演習)後に、学校の体育館などで生徒または保護者を集めた校内演奏会を開催して頂きます
⇒応募は、「RCCスクール LINE」を通じて学校単位でご応募下さい

【応募スケジュール】
・締切は9月30日(金)
・応募頂いた中から審査を経て、10月上旬に参加校のみご連絡いたします。

RCCのテレビやHP、またスポンサー関連のCM等で生徒が露出可能性があります。
予めご了承下さい。

楽曲「鶴たち」とは・・・1965年原水爆禁止世界大会に出席した旧ソ連の詩人ラスール・ガムザートフが佐々木禎子さんの千羽鶴に感銘を受け、戦争に亡くなった人々などを悼んで作った詩。それに作曲家フレンケリが曲をつけ、一躍、当時のソ連で大人気の曲となった。

コメント (0)

IRAWアプリからコメントを書くことができます!!