NPT会議参加の広島・湯崎知事が帰国 「核抑止に内在するリスクなど改めて考える機会を提供できた」

ニューヨークで開かれているNPT(核拡散防止条約)の再検討会議に出席した広島県の湯崎知事が帰国しました。

NPT再検討会議は、ニューヨークの国連本部で26日まで開かれています。会議に出席した湯崎知事は、長崎県と共同でサイドイベントを開いたほか、核抑止論の危険性について各国の代表と話し合い、「厳しい国際情勢の中でも核軍縮に向けた対策を取り、変化を生み出すことは可能」という認識を共有したということです。

広島県 湯崎英彦知事
「ロシアの脅しの中で核抑止を強めなければならないという雰囲気がある中で、核抑止に内在するリスクのほか、核軍縮の重要性と方向をあらためて考える機会を提供できた」

また、日本の総理としては初めて出席した岸田総理のスピーチについて、「被爆地出身の総理として会議に貢献していくという強い思いが現れていた」などと評価しました。

コメント (0)

IRAWアプリからコメントを書くことができます!!