ロシア駐日大使の原爆慰霊碑 献花 広島市 松井市長の受け止めは?

広島市の松井市長は、ロシアの駐日大使が原爆慰霊碑に献花したことについて「碑文の意味を受けとめたものと思いたい」と述べました。

松井市長は、中高生による反核署名活動に参加し、ともに核兵器廃絶を呼びかけました。この後のインタビューでロシアのガルージン大使が原爆慰霊碑に参拝したことについて、次のように述べました。

広島市 松井一実市長
「たぶん、あの慰霊碑の碑文をしっかり読んで、日本語上手ですからね、心に受け止めていただいたものと思いたい」

また、大使が、「ウクライナでのロシアの核兵器使用はあり得ない」と強調したことについては、開催中のNPT(核拡散防止条約)の再検討会議で表明すべきだと強調しました。

松井一実市長
「今、NPTの会合が開かれてますから核軍縮・不拡散、NPT第6条をみんなで守ろうということを国連の場で、ニューヨークでやっていただくとありがたいなと思います。この広島の地で『やりますよ』という決意表明していただいたとすれば、大いにありがたいですね。ぜひ、やってください」

平和記念式典にロシアを招待しなかったことについては、「理由はこれまで何度も説明している」と述べるにとどまりました。

コメント (0)

IRAWアプリからコメントを書くことができます!!