【神足裕司コラム】誤送金のニュースで思うこと

急に自分の口座に4630万円もの予定されていない金額が振り込まれたならどうだろうか?

通帳を手に何回も見直す。ゼロの数を数え直す。いや待てよ???どっかの椅子を探してゆっくり見る。振込んできた相手先を確認する。これは、何かの間違えだろうと、銀行のロビーならその場で申し出るかも知れない。4000万円なんてお金なら間違えだとすぐわかる。

山口県阿武町が1世帯10万円の新型コロナ対策の臨時給付金を1世帯に4630万円振り込んでしまったというもの。
20代の振込先の男性は「もう口座からお金は動かした。元には戻せない。罪は償う」として返還を拒んでいるんだという。町は、この男性を相手に訴えを起こした。

民法では、返還の義務(不当利得の返還義務)があり、刑法上も窃盗罪や、詐欺罪などに当たる可能性があるという。
無くなったお金の方はどうなるか?もし使ってしまって差し押さえる財産もないとなると、回収は困難では?とのこと。

しかし、振り込まれた銀行の支店のかたも不思議に思わなかったのだろうか?急に4000万円もの入金。間違えというものはあれこれ積み重なって、ここでもすり抜けたかってことが多いものだから。間違えはあってはいけないことだが、ブラックホールに吸い込まれるようにスルッすり抜けていってしまうことがある。

ボクの乏しい経験で、間違え振り込みではないが日常ではない大きな金額が振込入金があったことがあった。200万円ぐらいをおろした。すると、奥から人が出てきて「お客様、当方で良い商品もございますので…」商品の売り込みだ。忘れたが、2、3会話をした。その時も高額な振り込みはあったことがわかるのもすごいなあと感じたことを思い出した。でも、声をかけるってことで何か確認されていたかもしれないなって思う。普段ないことだから。常に高額のやり取りのある口座ならいざ知れず。

ボクの知り合いでも「間違えた所に振り込んでしまった」そう数人から聞いたことがあるので、結構あることなのかもしれない。
そんな場合、自分の銀行にまずは連絡、振込先銀行から受取人に連絡して受取人の了承のもと資金を戻す手続きをしてもらえる、とのこと。相手からの連絡を待っているところなの。
そう心細そうに話す。「相手がOKしてくれなきゃダメなんだって」
間違えてしまったのは、あくまでも送金元。振込先の方の善意に成り立っているそう。

そう、いい話ってのは転がってはいない。もしも誤送金されてきたものを返還しなかったらATMで引き落としたら窃盗罪、窓口なら詐欺罪など色々違うそうだがいずれも10年以下の懲役だそうだ。あっちが勝手に振り込んできてやらなくてはいけないことが生じるのに最初からそんな話をされたら怒ってしまうだろうけど。ボクも誤送信してしまうんではないかと画面を何回も確認することもある。起こりうるミスだなあと常に思う。気をつけなければ。

【神足裕司コラム】
WebとIRAWで連載中!くも膜下出血から奇跡の生還!リハビリしながら綴るコラムニスト・神足裕司の日常「お元気ですか?神足裕司です」
バックナンバーはこちらで読めます!

コメント (0)

IRAWアプリからコメントを書くことができます!!