【広島社長のこっそりグルメ】JR可部駅前の名物おでん

広島の社長さんお気に入りグルメを紹介する連載企画。

今回は広島市安佐北区可部東 家づくりが家族の幸せづくり がモットーの

木の家 梶谷真一社長

木の家の家づくりの特徴は、
国産のヒノキをふんだんに使った、木のぬくもりを感じる家づくりです。

梶谷社長イマオシ店はー

どうらく

広島市安佐北区JR可部駅前にあるどうらく。オープンして11年です。
創作おでんと、お酒に合う逸品料理が味わえます。

店主の佐藤真さんはこの道20年。

イマオシ① おでん 

どうらくといえばこれ

名物料理のおでん10種盛りです。

梶谷社長 毎日食べても飽きないんですよ。

店主 紫蘇豆腐は可部の川見豆腐のものです。お願いして作ってもらっています。牡蠣レモン天は広島産カキをすり身で包み。そのすり身に広島産レモンの皮と果汁を入れこんでいます。

イマオシ② イカ墨のポテトサラダ 

真っ黒なポテトサラダです。

全く味の想像がつきません・・・

店主 スプラウトにんにくやドライトマトを入れています。お客さんに喜んでもらいたいメニューです。

ポテトサラダは日替わり。どんなポテトサラダが出てくるかはその日のお楽しみだとか。

イマオシ③ 海鮮おこげ

パリパリのおこげご飯の上に海鮮入りのあんがのった海鮮おこげです。

店主 あんのベースはおでんの出汁です。リピーターさんが多いメニューです。人柄が出たのかも(笑)

イマナマ!4月1日放送

どうらく 広島市安佐北区可部2-33-23

◆ディレクターこぼれ話
木の家の梶谷社長の趣味はトライアスロン。しかも始めたのは25歳。それまで運動経験はほぼ無かったのに関わらず、全日本大会で18位に入るほど!ハマったらのめり込むタイプなんだそうです。

コメント (0)

IRAWアプリからコメントを書くことができます!!