【広島のお好み焼き特集】呉れんがどおり周辺の店

呉市中心部「れんがどおり」。
周辺には20件ものお店があり、実は隠れたお好み焼き激戦区! 

やましたお好み焼き店 
現在の店主・山下三枝子さんの両親が1955年に始めた歴史あるお店です。

「呉焼き」とも呼ばれる独特の焼き方ですが、店主は「これがうちのお好み焼きなので呉焼きと言われても…」とおっしゃいます。

茹で麺と細切れにした豚肉を、サラダ油とウェスタ―ソースで炒めていきます。そして、焼きそばのようにしていきます。

生地が良い焼き色になっていたらひっくり返し、押さえながら両面を仕上げていきます。卵を割ったら広げずに本体を重ね、焼き加減はお客様の好みで。
ウスターソース、うま味調味料を振りかけ、ヘラで切れ目を入れてから二つ折りに。

センナリのミツバヤソースを自分でお好みの量でかけたら、昭和30年から変わらぬ呉の味、「やました」の「お好み焼き そば入り」完成です!

たいちゃんⅢ(スリー)
2000年に開業したお店で、下蒲刈島在住のオーナー・木原さんが3番目にオープンしたお店ということでスリーなんだそうです。
オタフクソースで学んだ広島流の焼き方を忠実に守っています。

生地が見えなくなるぐらいのたっぷりのキャベツをのせます。
きつい仕事をしている海軍さんにたっぷり食べてもらおうという思いを込めて、表の看板にも海軍さんのお好み焼きと書いてあります。

大量のキャベツを蒸しているからこそ、出てくる水分量も半端ではありません。

磯野製麺の生麺を使用。
赤玉の卵を割り広げたら、本体を重ね、ひっくり返します。

オリジナルのブレンドソースを塗り広げ、アオノリをたっぷり振りかけたらキャベツ盛り盛り「海軍さんのお好み焼き・肉玉そば」完成です!

やましたお好み焼き店
呉市中通3-3-2
0823-23-3097
営・11:00頃〜15:00頃
休・日祝、第1・3月曜日

お好み焼き・鉄板焼 たいちゃんスリー
呉市中通3-8-13
0823-23-5125
営・11:00〜22:00
休・火曜日

※値段や情報はテレビ番組取材当時のものです。
2018年10月10日OA お好み探偵団
https://tv.rcc.jp/imanama-corner/okonomi/entry-16186.html

コメント (1)

やけん - 2022.05.06 17:13 0

キャベツ盛り盛り良いすねー
お好み焼きって蒸し野菜が美味しくってメインって思うくらいで大好きですね
IRAWアプリからコメントを書くことができます!!