RCC CLUB キャンペーン

降車したタクシーに男性はねられ死亡 バックで方向変換中か 現場立ち去った運転手(62)から事情聞く 広島  

広島市で22日未明、降車した乗客がタクシーにはねられる事故があり、40代の男性が死亡しました。

警察によりますと、22日午前1時すぎ、広島市東区中山南1丁目の市道で、方向変換をしていたタクシーが道路にいた男性をはねました。

この事故で近くに住む 鈴木英樹 さん(47)が病院に運ばれましたが、およそ2時間後に死亡が確認されたということです。

当時、鈴木さんはこのタクシーに乗って自宅に帰っていて、警察は鈴木さんが支払いを済ませて降車したあと、後方にバック走行で方向変換をしていたタクシーにはねられたとみています。

タクシーは事故を起こしたあと、その場を立ち去っていたということで、警察はタクシーを運転していた男性(62)から詳しく事情を聞くなどして、事故の原因を調べています。

※情報を更新しています

コメント (0)

IRAWアプリからコメントを書くことができます!!

新着記事

ランキング

※毎時更新、直近24時間のアクセス数を集計しています。