RCC CLUB キャンペーン

広島・江田島市の住宅に男性遺体 死因は「出血性ショック」 死亡の経緯について妻から事情聞く

9日、広島県江田島市の住宅で74歳の男性の遺体が見つかった事件で、警察は男性の死因について「出血性ショック」と発表しました。

この事件は9日、江田島市沖美町の住宅で和田道則(74)さんが布団の上で仰向けになり、死亡しているのが見つかったものです。警察は道則さんが死亡しているのに放置したとして、妻の 和田澄子 容疑者(76)を死体遺棄の疑いで10日に逮捕しました。

警察が11日、道則さんの遺体を司法解剖したところ、死因は大量に出血したことによる出血性ショックと判明しました。道則さんには刃物で刺された傷があり、争ったような形跡はなかったということです。

遺体の発見当時、住宅内の別の鍵がかかった部屋で切り傷を負った澄子容疑者が倒れていて、近くには刃物が落ちていたということです。警察は道則さんが亡くなったいきさつを澄子容疑者が知っているとみて調べています。

コメント (0)

IRAWアプリからコメントを書くことができます!!

新着記事

ランキング

※毎時更新、直近24時間のアクセス数を集計しています。