RCC CLUB キャンペーン

投・打・守 全てすごかった広島カープ 床田寛樹は勝利数・防御率 リーグトップに 松山・坊っちゃんスタジアムでヤクルト戦(5月14日)

広島カープは5月14日、愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムで試合。投げて、守って、打って、走って、カープらしい野球で接戦を制しました。

先発は、今シーズンも安定感抜群でチームトップの3勝を挙げている “左のエース”・床田寛樹 。1回、床田のテンポのいいピッチングが守備陣のリズムを生み出します。

まずは、矢野雅哉 。地方球場の慣れないグラウンドでも果敢に飛び出し、ロングスロー。驚きの強肩を披露します。

中根夕希 キャスター
「追いつくところからすごいですけど、この体勢から(送球が)正確ですよね」

次は、1軍昇格、即スタメンの6番・ファースト、林晃汰 。苦手な守備をしっかり練習してきたことを感じさせるナイスプレー。1塁線の強いゴロに飛びつきます。

守りで主導権を握ったカープは4回、3番・菊池涼介 。ライトへの打球をヤクルトの 丸山和郁 が後ろにそらして、菊池は一気に3塁へ。

続くのは、5試合連続のスタメン4番で、もう驚かないどころか、期待感高まる 小園海斗 。起用に応える完璧な仕事でレフトへの先制タイムリースリーベース。

コメンテーター 平尾順平 さん(ひろしまジン大学 代表理事)
「すごいですね。この当たりで3塁まで行ったんですね」

なおもチャンスの2アウト・ランナー3塁で今シーズン初打席の林晃汰。しかし、ここは1塁ゴロ。追加点とはなりません。

先発・床田は、ヤクルト打線に的を絞らせず、5回もスイスイと抑えて、ここまで無失点。1点リードで勝ち投手の権利を得ます。

もう少し援護したい打線は、6回、2番・野間峻祥 。…らしい流し打ちでレフトへヒット。ノーアウトから出塁すると、3番・菊池は送りバントではなく、ヒッティング。猛打賞&チャンスメイクの技ありライト前ヒット。

となると、さあ、“鯉の4番”・小園です。もう本当にすごい2打席連続タイムリーで、得点圏打率はリーグトップの.489。「ぼくは4番目です」とか言っている場合じゃない、堂々の仕事をやってのけます。

中根夕希 キャスター
「今シーズンから4番に座りはじめたとは思えないぐらいの勝負強さです」

2点をもらった床田のピンチは、そのウラ。2アウト・満塁でヤクルト・西川遥輝 を迎えます。あ~!と思ったところに飛んできたのは、ゴールデングラブ賞6度の 秋山翔吾 。

平尾順平 さん
「すごい(ダイビングキャッチ)。先輩も魅せます、やっぱりね」

床田は、7回にソロホームランで1点を奪われますが、7回96球5安打1失点でリリーフに託します。

中根夕希 キャスター
「床田投手の安定感、すごいです」

8回は、島内颯太郎 。開幕直後に苦しんだものの、最近は復調。この日もほれぼれするようなストレートとコントロールされたチェンジアップで翻ろう。2者連続三振を含む3者凡退で、栗林良吏 へ―。

バトンを受けた “守護神” も9回、全く寄せ付けずに3者凡退。この10セーブ目で、栗林は入団から4年連続の2けたセーブとなりました。

勝利投手の床田は、リーグトップタイの4勝目を手にし、防御率(1.28)もリーグトップに浮上。チームも3位キープで、貯金生活に突入です。(ヤクルト 1ー2 広島)

勝率
1 巨人 .556
2 阪神 .545
3 広島 .517
4 中日 .485
5 DeNA .457
6 ヤクルト .441

  ◇  ◇  ◇

中根夕希 キャスター
うーん、いい位置に付けています。

青山高治 キャスター
そうですね。それにしても床田投手は安定感抜群ですね。

コメンテーター 平尾順平 さん(ひろしまジン大学 代表理事)
やりますね。また、それに応える守備のよさも光っています。ロースコアだけあって、ちょっとしたヤクルトみたいにミスがあったときに崩れていくことがありますから、あの1つひとつの守備が救っているところがありますね。

青山高治 キャスター
地方球場って守りも難しいはずなんですけど、慣れない環境の中でナイスプレーが出ています。

中根夕希 キャスター
床田投手もマウンドのかたさが違ったりしますし、でもリズムをつくるからこそ、守備も守りやすかったり…。あと、投手陣のリレーはもう美しいですね。見ていて、気持ちがいいです。

平尾順平 さん
安定感がすごいです。この3人ならだいじょうぶって思いますもんね。

青山高治 キャスター
床田投手は本当にチームを引っ張っていて、勝利数・防御率・投球イニングと全部、リーグトップですから。“左のエース” にふさわしい活躍をしてくれています。

中根夕希 キャスター
あと、野手陣もしっかり走っています。1塁、2塁、3塁まで行っちゃうんだみたいなところ…。前に前にという気持ちも伝わってきます。

青山高治 キャスター
あとはもう「4番・小園」に違和感がなくなっている…

平尾順平 さん
もちろん、ホームランも大事なんですけど、必ずチャンスで打ってくれる安心感はありますもんね。

 

コメント (0)

IRAWアプリからコメントを書くことができます!!

新着記事

ランキング

※毎時更新、直近24時間のアクセス数を集計しています。