RCC CLUB キャンペーン

広島県に「突風と降ひょう及び落雷に関する情報」気象台発表 16日(木)朝から夕方は大気の状態が非常に不安定 天気急変に注意 上空5500mでー21℃以下の強い寒気伴う “寒冷渦”が日本海に

15日(水)夕方、広島地方気象台は広島県に「突風と降ひょう及び落雷に関する情報」を発表しました。

広島県では、16日(木)朝から夕方にかけて大気の状態が非常に不安定となるため、竜巻などの激しい突風や降ひょう、落雷、急な強い雨のおそれがある、として注意を呼びかけています。

16日は、中国地方の上空約5500メートルに、氷点下21度以下のこの時期としては強い寒気が流れ込む見込みです。また、低気圧が17日にかけて発達しながら日本海を北東へ進む見込みです。

この低気圧に向かって流れ込む湿った空気や上空の寒気の影響により、広島県では、大気の状態が非常に不安定となるため、16日朝から夜遅くにかけて、竜巻などの激しい突風や降ひょう、落雷、急な強い雨に注意してください。農作物や農業施設の管理にも注意が必要です。

発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。

1時間ごとの詳しい予想を見る
 雨・風の詳しい予想(16日)
 上空の寒気(上空5500メートル付近)の予想(16日)

<防災事項>
竜巻などの激しい突風、降ひょう、落雷、急な強い雨、農作物や農業施設の管理

あす16日は北部の山地を中心に急な天気の変化にご注意ください。空の変化があればレーダーなどを活用しながらうまくやり過ごしをお願いします。

コメント (0)

IRAWアプリからコメントを書くことができます!!

新着記事

ランキング

※毎時更新、直近24時間のアクセス数を集計しています。