RCC CLUB キャンペーン

広島県はあす(月)明け方にかけて大雨おそれ 1時間40ミリ・24時間120ミリ きょう(日)夕方から局地的に雷を伴った激しい雨も 予想以上に雨雲発達なら警報級大雨の可能性 気象台から「大雨に関する情報」発表中

12日、広島地方気象台は、広島県に「大雨に関する情報」を発表しています。

広島県では、12日夕方から夜遅くにかけて、局地的に雷を伴った激しい雨が降り、13日明け方にかけて大雨となるおそれがあり、土砂災害、浸水害、河川の増水に十分注意するよう呼びかけています。

12日から13日にかけて、前線が西日本から東日本にのびるでしょう。前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が不安定となる見込みです。

このため広島県では、12日夕方から夜遅くにかけて、局地的に雷を伴った激しい雨が降り、13日明け方にかけて大雨となるおそれがあります。また、雨雲が現在の予想以上に発達した場合は警報級の大雨となる可能性があります。土砂災害、浸水害、河川の増水に十分注意してください。

雨の予想(多い所)

1時間雨量
12日
 南部 40ミリ
 北部 40ミリ

詳しい雨の降り方は
激しく降るタイミングは12日(日)~13日(月)1時間ごとの降水シミュレーション

24時間雨量
1**2日6時~13日6時
 南部 120ミリ
 北部 120ミリ

防災事項
土砂災害、浸水害、河川の増水、落雷、突風

コメント (0)

IRAWアプリからコメントを書くことができます!!

新着記事

ランキング

※毎時更新、直近24時間のアクセス数を集計しています。