RCC CLUB キャンペーン

みみコミ🗨️「ひつじのショーン展」3月22日(金)スタート!チケットプレゼント🎁

📻RCCのお得な耳寄り情報をお届け👂

radiko:田口麻衣noみみコミ | RCCラジオ | 2024/03/03/日 17:00-17:15
内容:テレビシリーズ放送開始15周年記念「ひつじのショーン展」
会期:3月22日(金)~4月21日(日)
場所:そごう広島店9階特設会場
出演者:RCC事業部 安部貴美子

ショーンとその仲間たちが牧場で大騒動を巻き起こす「ひつじのショーン」。クレイ(粘土)で作り上げるクレイ・アニメーションです。ショーンをはじめとする、ひつじたちのいたずらに思わず笑ってしまう楽しい映像。でも、あの映像をどうやって作っているんでしょうか?この展覧会では、緻密な作業とその舞台裏を見ることができます。最後にチケットプレゼント🎁のお知らせもありますよ✨

📌イベントホームページはこちら

ひつじのショーンは我が家は子供も私も大好きで、テレビアニメはもちろん、三男の映画館デビューは「ひつじのショーン」でしたし、ぬいぐるみお人形もあります。いたずらで自由なひつじたちに笑いながら、時々牧場主のおじさんに同情したり。大人も子供も楽しめるアニメーションですよね。あと、石井竜也さんの歌が大好きです。
本当に大好きなんですね!
「ひつじのショーン」はクレイ=粘土で作られたパペットを動かして撮影されたクレイ・アニメーションです。テレビシリーズ放送開始15周年ということで全国を巡回をしていて、春休みに広島にやってきます。人形を動かしては撮影、少し動かしてまた撮影、という何百枚何千枚の写真を撮影して繋げるストップモーションアニメーションという手法で動画にしているんです。

では、どのぐらい大変か、ここでクイズです!
最新シリーズを撮影する場合、1人のアニメーターの方が1週間で撮影できるアニメーションの長さはどのくらいでしょうか?

①1週間で2分 ②1週間で20秒 ③1週間でたったの2秒

ものすごい大変だったら仕事が進まなくて困ると思うので、2分であってほしい!という願いを込めて、①の2分!

正解は・・・・

②の20秒です。

1週間で20秒分しか進まないんですか?大変!愛情と情熱がないとできない仕事ですね。

「ひつじのショーン」を作っているのは、イギリスのアードマン・アニメーションズ。「ウォレスとグルミット」シリーズというイギリスを代表する作品を制作している会社です。ストップモーションという独自のアニメーションの制作技術を確立して、質の高い作品を作り続けています。その情熱が認められて、この作品でもアカデミー賞アニメーション部門で短編と長編合わせて4度も大賞を受賞しています。
今回の展覧会はテレビ放送開始15周年記念ということですけれども、元々は映画はスタートだったんですね。
はい。ショーンは1995年に発明家のウォレスと忠犬グルミットの大ヒットコメディ映画で、「ウォレスとグルミット危機一髪」という映画の脇役として、初登場しました。このときに人気が出たショーンを主人公にスピンオフ作品を作ろうということで、12年後の2007年にテレビシリーズとしてスタートしました。

今回はその制作の裏側が見られる展覧会なんですよね。
はい。台本から内容を視覚的に伝えるストーリーボード。それからスケッチの絵をもとに、今度は人形を作って、一コマずつ撮影するジオラマのセット。撮影風景の写真など、貴重な資料がたくさん展示されます。
また、音響や照明が入るとどう変化するか、これも面白いと思います。

あとやっぱり気になるのがグッズなんですけど。
展覧会公式グッズもたくさん用意していますよ!

テレビシリーズ放送開始15周年記念「ひつじのショーン展」
場所:そごう広島店9階特設会場
期間:3月22日(金)~4月21日(日)
前売り券:一般800円、中高生600円、3歳以上小学生以下500円
プレイガイド:アソビュー!、RCCオンラインチケット、セブンチケット、ローソンチケット、エディオン広島本店
📌有料入場者を1人につき1点、入場者特典があります!

「みみコミ」から、招待券🎫をペアで5組の方にプレゼント🎁
詳しくは、こちらをご覧ください。
締め切りは3月11日午後11時59分です🤗

コメント (0)

IRAWアプリからコメントを書くことができます!!

新着記事

ランキング

※毎時更新、直近24時間のアクセス数を集計しています。