RCC CLUB キャンペーン

沖縄へ 「結果が全て。今できる100%の力で」森下暢仁 広島カープ 日南キャンプ打ち上げ 坂倉将吾「課題をつぶしてゲームレベルに」

13日で広島カープの宮崎・日南キャンプは打ち上げです。総力特集で選手たちの声をたっぷりお伝えします。

広島カープ 森下暢仁 投手

― 沖縄キャンプに移動となります。今の率直な気持ちを。
「最初は雨からスタートしたんですけど、けっこう充実した日南キャンプになりましたし、次は暖かいところでもうちょっと球数も増やしながら状態を上げていけたらなと思います」

― 去年は手術の後ということもあって慎重な調整だったと思うが、ことしは?
「スタートから球を投げることできていますし、いろんな変化球だったり、いろんなことを試せているので、それは本当に充実しています」

― 試せている話。オフには 前田健太 投手と自主トレをされて吸収する部分もあったと思うが、日南キャンプで生かしている部分は?
「自主トレでやってきたことを継続しながら、ずっと練習の前からやっています」

― 準備の部分とか?
「準備もそうですし、球を、ボールを投げるところに関してもイメージしながらやっています」

― ブルペンで少しスライダーも試してみたり。選択肢、どういう意味合い?
「マエケンさんと自主トレしたら、みんながスライダーとかそういう球を真似する、真似するっていうか、やっていくんじゃないかなって言われがちですけど、でも、今、持っている球種全てしっかりと投げられないと、そういうスライダーの練習をしても結果につながってこないと思うので、本当に全球種を投げながら、その変化球がプラスになっていければいいなと思っているので、1つひとつレベルアップして、マエケンさんに教えてもらったスライダーだったり、チェンジアップが生かせるときがきたら、いいなと思っています」

― キャンプに同郷のルーキー・常廣羽也斗 投手が参加した。入団が決まったときに「1年目のキャンプの過ごし方とか教えられるところは教えていきたい」という話をしていたが?
「もう、いろんな人とコミュニケーションが取れていますし、特に心配することはないんじゃないかなと思っています」

― 調整の段階で難しいこともあったみたいな話をしていたが、アドバイスは?
「まだ、そこまで実戦もたぶん投げていないですし、そこまで話せていないですけど、これからもっと実戦が入ってきますし、そこでもっとわかんないところも出てくるんじゃないかなと思いますけど、でも、自分の感覚もあると思うので、そういうところをまわりに引っ張られずに自分のやりたいことをやったらいいんじゃないかなと思います」

― インスタグラムのストーリーでもう「友達」。どんな子?
「もう本当、みんなにかわいがられるようなタイプの子だと思うので、ファンのみなさんも好きになるんじゃないかなと思います」

― 今回、たくさん詰めかけているファンの方と交流する機会もあったが?
「そうですね。いつも以上に人が多いなって思いましたし、たくさん応援してくれる人がやっぱりいるんだなっていうふうに思うので、自分たちが結果で恩返しできたらなと思います」

― 沖縄キャンプは実戦が多くなる。どういったテーマで臨む?
「バッターが立ってきて、反応だったり、いろんなことがわかると思うので、今、
できる100%の力を出しながらやっていきたいなと思います」

― その先には開幕投手も結果が伴って見えてくるが?
「もう結果が全てだと思うので、そこに立てるようにいいアピールできたらなと思います」

― 沖縄キャンプとその先に向けて意気込みを。
「まずは、けがせずに、いい準備して、いいパフォーマンスが出せるようにやっていきたいなと思いますし、開幕でローテーションの中に入って1年間、いい戦いができるようにがんばりたいなと思います」

広島カープ 坂倉将吾 選手

「雨に始まって、めずらしいキャンプになったんですけど、体の方も問題なくできましたし、チームで明るくできたので、いいキャンプになったなと思います」

― バッティングに関して課題・テーマがあったと思うが、仕上がりは?
「まだまだですね。実戦…、練習の中でいいなと思っていたんですけど、実戦が始まると全然、対応力も含めてまだまだゲームレベルではないなっていうのを思ったので、まだまだこれから練習して、もっとよくなると思いますし、もっとよくしていかないといけないなっていう気持ちです」

― 具体的に新たに取り組んでることは?
「新たに取り組むというよりは今、取り組んでいることの中で、もう何個も課題も浮き彫りになってきたので、そういうところかなと思います」

― 守りに関しては?
「実戦もできましたし、その中でもう1個…、対外試合も始まりますし、もっと違う課題だったりとか、まだまだ出てくると思うので、1個1個つぶしていければいいかなと思います」

― 高めたい取り組みは?
「去年からですけど、全体的にやっぱり、もっと守備っていうレベルに関しては上げたい気持ちはたくさんありますし、もっともっと練習したいなと思います」

― 捕球だけではなく、送球も含めて?
「そうですね。全てです」

― ことしがプロ8年目。年下の選手もかなり増えてきました。全体を見渡すという立場にもなったと思うが?
「特別、こう下に目を向けるっていうことはあんまりできなかったんですけど、質問してきてくれる後輩たちもいたので、そういうことがあれば、惜しみなく教えたいなと思いますし、自分の伝えられることは全力で伝えたいなというふうに思っています」

― 日南キャンプは多くの人が詰めかけた。その熱量は?
「本当に週末になると、立って見ている人もいるぐらい、すごく多い中でやらせてもらえて本当に力になりましたし、ありがたいなと思っています。

― 日南・沖縄のキャンプ地へ来れないという方もいる。メッセージを。
「元気よく広島に帰れるように、いいキャンプにしてやりたいと思いますので、足を運べなくてもテレビで見ていただけたらうれしいなと思いますし、また全力でキャンプを過ごしたいなと思います」

コメント (0)

IRAWアプリからコメントを書くことができます!!

新着記事

ランキング

※毎時更新、直近24時間のアクセス数を集計しています。