RCC CLUB キャンペーン

「全部ひっくり返してやる」シート打撃で猛アピールも… 宇草孔基・広島カープ さらなる進化へ 大黒柱・九里亜蓮 “動から動” フォーム変更 天谷宗一郎さん解説

広島カープは、日南キャンプでは最後となる第3クール。ポジション争いが激化していますが、12日の練習から注目の選手をRCC野球解説者の 天谷宗一郎 さんがピックアップしました。

石橋真 アナウンサー
土曜・日曜と各選手が躍動していました。そして、きょう(12日)も各選手、精力的に汗を流していました。きょうのシートバッティングでアピールした選手がいるんです。

1軍の日南キャンプは、あす13日で終了…。12日午前中のシートバッティングでは、2軍キャンプから参加した選手が猛アピールしました。

まずは、外野手争いに食らいついていきたい、大卒5年目の 宇草孔基 が、バットでアピールします。最初の打席は、大道温貴 のストレートをはじき返し、内野安打をもぎ取ります。

次の打席では、ドラフト3位ルーキー・滝田一希 からライト前ヒット。週末からアピール合戦が続く外野手争いがさらに激化しています。

広島カープ 宇草孔基 選手
「課題としている部分をキャンプに入ってから取り組んでいて、なかなかうまくいかないところもあったんですけど、1つ結果としていい部分が出たので。いや、もう立場的にまだまだですし、本当、ずっと結果を出して、1日1日が勝負の立場なので絶対、結果を出して、全部ひっくり返してやるぐらいの気持ちです」

宇草と同じく、きょう、1軍に参加した育成ドラフト1位の 杉田健 も持ち味を発揮します。打者の反応を見ながら、1球ごとにフォームを変えるピッチングで、新外国人のレイノルズから直球で見逃し三振を奪います。

同じく、この日、1軍キャンプに参加した 内田湘大 に対しては変化中で空振り三振。

最後は、宇草のピッチャー返しの打球を倒れ込みながらキャッチ。スタンドを沸かせた杉田。指揮官にしっかりとアピールしました。

広島カープ 杉田健 投手
「いい緊張感の中で投げられたので、まっすぐもゾーンで勝負できましたし、自分の武器であるスライダーも空振りが取れたので。初めてにしては内容はよかったのかなって思います。与えられたチャンスを1つずつものにして、早く支配下になれるように、そして早く1軍のマウンドで投げられるようにがんばりたいなって思います」

石橋真 アナウンサー
育成の杉田投手もしっかりとアピールしました。最後のライナー性の当たり、打った宇草選手もこれまた見事だったんですよ。

RCC野球解説者 天谷宗一郎 さん
そうですね。しっかりととらえた打球でした。

石橋真 アナウンサー
宇草選手が話をしていました。「今回、チャンスはもらったけども、この1回のチャンスをものにできなければ、もう2度とチャンスが回ってこないかもしれない」「きょうは身が引き締まる思いだったんだ」と話していました。

天谷宗一郎 さん
本当にいいプレッシャーを自分にかけています。その中でしっかりと結果を残したっていうところは、監督、そして首脳陣にいいアピールができたんじゃないかなと思います。

石橋真 アナウンサー
われわれはブルペンにやってきました。きょうは主力ピッチャーが主に投げていましたが、天谷さんが気になる投手がいました。

天谷宗一郎 さん
本当にそうなんです。九里亜蓮 投手なんですけれども、この時期にもうバッターを想定したり、サインを出して変化球を全球種投げているんです。九里投手の年齢、そして実績を考えれば、もう少しゆっくりできてもおかしくないんです。その理由を本人に聞きました。ポイントは2つあったんです。

1つ目は、フォームの変更。フォーム変更は去年もしているのに、また、ことし進化している。歩幅を小さくしました。歩幅を小さくしたってのは、九里投手がオフに行っている施設で “沈み込むよりも状態が高い方が出力が高くなる” というデータが出たんです。それに取り組んでいるのと、もう1つは足を上げてからのリズムを変えた。わかりやすく言えば、去年までは “静から動” 。ことしは “動から動” への動きに変えたっていうんです。もう本当に進化し続ける、その姿にすごく驚きました。

そして、もう1つのポイントは、最後の5球を全力で投げる。どこに行ってもいいから全力で投げる。理由も聞いたんですけれども、やっぱり試合になると力が入る。その場で修正っていうのは、やっぱり難しいっていうんです。なので、その確認を今のうちにやっておきたい。この動きをしたら、ああいうボールが出る。こういう動きをしたら、いいところに行くなっていうのを今のうちに確認しておきたいんです。今の課題、そして先の課題っていうのを見すえて、しっかりと質の高い練習に取り組めていました。

石橋真 アナウンサー
開幕から逆算して今、この段階でこれをクリアしておけば、だいじょうぶだし、仮に課題が出たとしても、つぶしていけばいいんだ、そんな思いがあるんでしょうか。

天谷宗一郎 さん
そうですね。本当に楽しみな選手です。

石橋真 アナウンサー
日南でのキャンプは、あす13日が打ち上げになります。そして、そのあと、沖縄キャンプへと向かっていきます。アピール合戦はまだまだ続いています。

青山高治 キャスター
九里投手のように実績のある選手が、さらにまた進化しているというのはすごいですね。

コメンテーター レイチェル・ニコルソン さん(翻訳者 広島在住16年)
見ていると、育成選手のものすごく気持ちを込めた言葉と、今やらなきゃ、アピールしなきゃっていうのが伝わりました。

田村友里 アナウンサー
あと、外野手争いも気になりますよ。

石田充 アナウンサー
さきほど、1軍キャンプ、沖縄行きの選手のリストが発表されたんですが、あれだけ打った宇草選手が入れないぐらいハイレベルということになっています。宇草選手もまだまだアピールの機会はあると思いますからがんばってもらいたいと思います。

コメント (0)

IRAWアプリからコメントを書くことができます!!

新着記事

ランキング

※毎時更新、直近24時間のアクセス数を集計しています。