RCC CLUB キャンペーン

“最も振れている” 田村俊介 & “ゼロから打撃改造” 坂倉将吾 アピール 広島カープ 日南キャンプ 紅白戦 新投法で早くも148キロ 塹江敦哉

11日は、広島カープ日南キャンプの第3クール2日目。前日に引き続き、紅白戦が行われました。

日南キャンプ、最後の紅白戦は、注目選手が期待どおりのプレーを見せます。まずは、このオフからバッティングフォームをいちから作り直した 坂倉将吾 ―。実戦形式で待望の初安打を放ちます。

そして、侍ジャパンの 井端弘和 監督も熱い視線を送る3年目・田村俊介 。天性のバットコントロールを生かし、2打席連続安打。日南で最も振れている若ゴイが、外野のレギュラー争いをリードしています。

投手でスタンドを驚かせたのは、フォーム変更で下げた左腕から快速球を投げ込んだ 塹江敦哉 でした。

この時期で最速148キロをマークするストレート。そして変化球も切れ、左打者3人をぴしゃり―。首脳陣も納得の表情です。

広島カープ 塹江敦哉 投手
「ここまではいい形でアピールできていると思う、大事なのは開幕して、しっかり結果を出せることだと思うので、ここからまたがんばっていきたい」

コメント (0)

IRAWアプリからコメントを書くことができます!!

新着記事

ランキング

※毎時更新、直近24時間のアクセス数を集計しています。