IRAW

【先輩に1万円預けてみた】第9弾!!放送局の人間たるもの体験して発見せよ!!

RCC人事部とIRAWの連動企画「先輩に1万円預けてみた」。
若手社員が1万円を先輩社員に託し“どこか”に連れて行ってもらい「働き方」や「会社」についてトークする…そしてその様子をIRAWで発信し、広くRCCのことを知ってもらおう!という企画です。

第9弾は、報道記者の後輩と、ドラマ「サウナぼっち」の企画・制作をした先輩です。

【本日の後輩】山崎 有貴(やまさき ゆうき)
報道制作局報道制作センター/入社3年目
【本日の先輩】田原 史基(たはら ふみき)
コンテンツビジネス局コンテンツセンター/入社8年目


山崎 お疲れ様です!今度、よろしくお願いします。
田原 こちらこそね~。何しよっか(笑)
山崎 田原さんがしたいことってありますか?
田原 そうやね。…おれ、『乗馬』したいんよね。
山崎 え!実は、僕も何か月か前にですけど、してみたいと思ったことがありました(驚)
田原 よし、じゃあ乗馬で決まりだ!

(市街地を離れていくにしたがって景色はどんどん白く…)

会社の廊下でバッタリすれ違ったときのこんな会話がきっかけで僕たちが向かったのはMRC乗馬クラブ広島
広島市の中心部から車で1時間半ほどの廿日市飯山にあります。

山崎 そういえば、なんで乗馬ですか?
田原 せっかくの機会なら経験したことないことをやりたいと思って。やっぱり知らないことを知ってみることは大切。何事も経験してみることでいろんな引き出しができて、それが仕事に生かせることもあるんだよね。あとは、山崎がお酒を飲めないから居酒屋に連れて行く以外のことで何かないかなと思って(笑)山崎はなんで乗馬したいと思ったん?
山崎 動物が好きなんですよね。それで、動物園で馬を見ることはあったけど、乗ったことはいままでなくて、どんな乗り心地なのか知りたかったんです。
田原 なるほどね!乗馬したらどんな発見があるかね~、楽しみだね!

(MRC乗馬クラブ広島に到着。気温は、手元の温度計でマイナス2℃!寒い~~!!!)

MRC乗馬クラブでは、初心者向けの1日体験プランや、通いで乗馬のスキルを高めていく中級者・上級者向けのプランもあります。
この日は90分間(実際に乗馬できるのは20分ほど)の初心者コースで馬にライドオン!
値段は1人につき2,880円。

スタッフさん 体験してもらうのは『常歩(なみあし)』と『速歩(はやあし)』、『軽速歩(けいはやあし)』です。乗馬の基本的な動きの3つです。

(レクチャーを受ける田原先輩)

『常歩』は流して歩く動き、『速歩』ではお馬さんの揺れを体験、『軽速歩』ではさらに少し馬の動きも速くなり騎乗中に腰を浮かせる動作も入るのだそう。

(僕たちが乗る馬は、もとは競走馬のサラブレッド)

(カッサフォルテくん(5歳)と田原先輩)

山崎 やっぱり近くで見ると大きい!体の高さが僕の目線ぐらいある!
スタッフさん ではさっそく乗ってみましょう。左足をしっかりとあぶみに掛けて、グッと力を入れて股がります。
山崎 よいしょ!おー、高い!まだ動いていないからだけど安定してる!

(スズくん(18歳)に騎乗する山崎)

スタッフさん では歩いて見ましょう。『常歩』はただ歩く動きですね。横揺れ…正確には8の字のような揺れを感じることができると思います。
山崎 おー、くねくねと揺れるんですね。これは乗らないと分からない感覚!

(スタッフさんが手綱を引き、鞭をもって馬の動きをコントロールしてくれる)

スタッフさん そして次は『速歩』をやってみたいと思います。縦揺れになります。では『軽速歩』に挑戦してみましょう。『♪立って、座―る、立って、座ーる…』のリズムで立って座るを繰り返すんですが、腰を落とすと、お馬さんの動きと合わさったときにちょうど、お尻がお馬さんの背中から跳ね返されてまた自然と腰を浮かせるようなリズムになると思います。やってみましょう。せーの、サンハイ!『♪立って、座―る、立って、座ーる…』

山崎 立って、座―る、立って、座ーる…あーーー、難しい!(笑)座るタイミングが全然合ってないみたいですごく揺れます。
田原 少し慣れてくると馬のリズムが体で感じられるように。上手くそれに合わせられると楽しい!

(カッサフォルテくんに乗る田原先輩)

その後、何度かくり返してなんとか馬の背中のはね返りのリズムをつかみ、約20分の体験が終わったのでしたー。

(乗馬の後はニンジンタイム!)

エサやりもできるという話を聞き、道中にニンジンを事前購入していました。手のひらが馬のよだれだらけになり、びっくりする田原先輩です。

田原 乗馬、楽しかったね!どうだった?
山崎 楽しかったですね!『軽速歩』のリズムが掴めたときは、馬との呼吸が合ったような気がしてうれしかったです。あと感じたのは、思っていたよりも怖くなかったことですね。馬が走ったら、振り落とされるくらい揺れるんじゃないかと思っていました。
田原 そこまで揺れると思ってたの?(笑)
山崎 そうですね(笑)実際はそこまではなかったけど、揺れに耐えるために全身の筋肉を使ってました(笑)
田原 そうだね~。でもこれで分かったよね、競馬のジョッキーの人って、レース中ずっと腰を浮かせているじゃん?あれがどれだけすごいことか…分かったよね。見ている分にはその馬の振動は実感としては分からないけど、きょう乗ったことで、『ものすごい揺れがあるんだろうな』って考えることができるようになったよね。これって発見じゃない?
山崎 発見です!とてもいい経験ができました!

(念願が叶った一日!乗馬体験で新たな発見!?)


未体験にも積極的な田原先輩…。
ここで、『企画を立てる』ということについてどう考えているのか、聞いてみました。

(広島市内に帰り炭焼ダイニング WAにて)

山崎 『サウナぼっち』という企画をやりたいと思ったのは、どんなきっかけですか?
田原 そうだね、もともと俺はサウナが大好きなんよ。それで、当時、サウナがいまほど広島で流行っていなかったし、良いものだからいろんな人に伝えたい、と思ったから企画したんだよね。部署は関係ないよどこの部署にいても自分がやりたければ、信念をもってやれば、やり方はいくらでも見つかると思ってる。
山崎 『信念』という言葉って難しいな~、と思っています。やっぱり実現させるのに難しさを感じる場面もあったと思いますが、どうやって乗り越えているんですか?
田原 そうだね、予算がなかったから色々考えたんよね。どうやったら実現させられるかって考えたら、主演の伊東平アナのモノローグ形式のドラマなら成立するかもって思いついて、物語を進めていくきっかけとして『架空のラジオが聞こえてくる』『そのラジオをきっかけとして伊東アナがサウナのことを知る、サウナに行く』って設定を作っていった。そして、時間と予算を削減するために撮影場所は『家、サウナ施設、RCCのラジオスタジオ』に絞ってやっていったって感じだね。

(『サウナぼっち』制作風景)

山崎 なるほどです。やりたいことがあっても現実的な問題があって、でもそれをどうしたら越えられるかを理論的に考えられて実現されているんだなと感じます…。企画を立てるのは、僕もニュースの報道記者としてデスクに『こんな話があります。特集としてやりたい!』と提案することもありますが、どんな考え方が大切だと思いますか?
田原 企画書も、たくさん時間をかけて「これで文句はないだろう」と、作り上げたものを人に見せるより、30分とか1時間くらいでバーっと、とりあえず書いて見せられる方が、仕事をする上でいいと思う。あともちろんマナーは保った状態で(笑)
山崎 僕もそう思います!特集の企画や構成をデスクに見せるときも、自分で考えまくって見せたときよりも、割と早い時点で『ここは悩んでいるんですが…』と、未定の部分も含んだ状態で意見をいただいた方が、その次が動きやすかったです。ちゃんと軌道修正されたり、自信をもって進めるという感じで。その自信がなくてなかなか見せられないんですけどね…(笑)
田原 不安で、なかなか難しいんだけどね(笑)俺も実は時間をかけちゃうタイプで、直さないといけないと思ってる…。でも、やっぱりみなさんご経験があるから、的確なヒントをいただけたりするんだよね。
山崎 自分以外の視点が早い段階で入った方がいいですよね。30分や1時間で区切って考えてみる、というのは僕も試してみようと思います!

(ニュースでレポートする山崎。この日はクワイの収穫を体験!)

山崎 最後に、就活生に向けて、田原さんがどんな後輩に入ってきてほしいか聞いてもいいですか?
田原 そうだねー。怖いと思える後輩に入ってきてほしいな!
山崎 それはどういう意味ですか?
田原 後輩でも、この人のやること、すごいなって思える人はいるからね。もし自分の直の後輩になったら自分の立場が脅かされるかもしれない…と感じるような怖さかなぁ。そういう怖さを持った後輩とお互いを高め合いながら仕事したいね。
山崎 僕はどうですか?(笑)
田原 いまのところまだだね(笑)頑張って!この世の中、年下でも尊敬できる人はいっぱいいるんだよね。そういう、エネルギーがある人に是非入ってきてほしいね!!

(いつか田原先輩を脅かす後輩になります!)


※撮影のため、マスク等を外しています。
次回の投稿もお楽しみに!

コメント (2)

ツッキー - 2023.01.16 14:17 2

乗馬楽しそうです‼️
制作や報道の裏側😳楽しそうです🔥

じんそく - 2023.01.07 21:45 1

山崎さんは身体を張る事が多い!今年も気をつけてお願いします💪
IRAWアプリからコメントを書くことができます!!