面識ない男の子(3)蹴ってけがさせた疑い 会社員の男(49)を逮捕 「蹴っていない」と否認

ドラッグストアの店内で、3歳の男の子を足蹴りして陳列棚に打ち付けさせたとして、広島市の会社員の男(49)が逮捕されました。

傷害の疑いで逮捕されたのは、広島市東区光町の会社員の男(49)です。警察によりますと、男は11月22日午後6時前、東区光町2丁目のドラッグストアで、3歳の男の子の背中のあたりを足蹴りし、顔面を陳列棚に打ち付けさせて、けがをさせた疑いがもたれています。

調べに対して男は「子どもを蹴っていない」と否認しているということです。

店内にいた男の子の母親が通報しましたが、男は店から立ち去ったということです。

男と男の子に面識はなく、店舗の客同士だったということで、警察が詳しいいきさつを調べています。

コメント (0)

IRAWアプリからコメントを書くことができます!!