「思い出せない」77歳の男を再逮捕 面識のない中学生(14)の腹をいきなり殴ったか

通学中の男子中学生の腹を殴った疑いで、警察は77歳の男を逮捕しました。

暴行の疑いで再逮捕されたのは、広島市安芸区の無職の男(77)です。

警察によりますと、男は去年7月7日、広島市東区光町1丁目の路上で、通学途中の男子中学生(当時14)の腹部を手拳で殴打した疑いがもたれています。

調べに対して男は「思い出せない」と否認しているということです。

生徒から相談を受けた学校関係者が通報し、警察が捜査を続けていたということです。

男と生徒に面識はないということで、警察は歩いていた生徒を男がいきなり殴ったとみています。

男は広島市の商業施設で女性(36)の胸に複数回肘を押し当てた暴行の疑いで11月1日に逮捕され、22日付で処分保留となっています。男はこの女性とも面識はなかったということです。

警察が事件の動機や余罪について調べています。

コメント (0)

IRAWアプリからコメントを書くことができます!!