1人で下校中、ペルー人の男に殺害される… 木下あいりちゃん事件から17年 小学校で追悼 広島

広島市で下校中だった小学生の女の子が殺害された事件の発生から22日で17年となり、女の子が通っていた小学校で追悼する会がありました。

​広島市 安芸区にある矢野西小学校で開かれた「安全祈りの会」では、17年前の事件で亡くなった木下あいりちゃんに黙とうが捧げられました。

あいりちゃんは、1年生だった2005年の11月22日、1人で下校中、ペルー人の男に殺害されました。

学校は、児童たちに命の大切さを考え、防犯意識を高めてもらおうと、毎年、この会を開いています。高杉裕美子 校長は、「自分や自分の周りの全ての命を大切に、たくましく生きていってほしい」と児童たちに語りかけました。

6年生の児童
「安心して登下校できているのは、ボランティアの人や家の人がいてくれるおかげ。周りの人を大切にすることを今以上に心がけていこうと思いました」

学校には、あいりちゃんが好きだったというヒマワリの花が飾られています。

コメント (0)

IRAWアプリからコメントを書くことができます!!